アメリカの短期研修生が西京道院に来院!

山口県立大学の岩中先生とのご縁で、5月24日金曜日に、10名の短期研修生が山口西京道院に来院されました。

皆さんアメリカから山口県立大学へ研修にいらっしゃったということで、日本の文化にとても興味を持っているようでした。

まずは、日本で生まれた少林寺拳法を紹介するため、合掌礼などの作法や、鎮魂行の様子を見学。

長田先生の説明を、阿部先生や岩中先生が通訳されていました。

また、演武も披露しました。

まずは、翌日に高校生大会を控えた池田拳士の仕上がった単独演武。

そして、山口大学少林寺拳法部からも、二宮拳士と島本拳士の組演武を披露しました。

その後は、阿部先生と岩中先生による技法紹介。

そして最後に体験も。皆さん積極的に手を挙げて参加されました。

みんな笑顔で参加していただけて何よりでした。

見学を進める中で、研修生と山口西京道院の門下生や学生のみんなも打ち解けたようで、最後には手を振りあって bye-bye しました。

今後もこのような機会があれば、いろいろな国の方と触れ合っていきたいと思います。

(文責:大田)

いいね!>> いいね! 14人