山口西京道院 節分祭

2月3日は節分です。今年は少年部合同練習日にバッチリ重なり、毎年恒例の節分祭も気合が入ります。

今年は例年になく暖冬ですが、さすがに夜はかなり冷えます。

しかし、子供たちは元気!

まず、節分祭の前に奉納演武を行います。

気合が感じられるでしょ! 初めて組むペアもいましたが、そんなことを感じさせません!

 

さあ、ここからはお待ちかねの豆まきです。

今年から父母会会長となった杉山さんから、節分祭の説明です。

その間、裏では鬼役の大人たちが準備中。

待ち構える子供たち!

最近は、豆の代わりにスポンジボールです。

昔は本物の豆を使ってやっていたこともあるんですが、これが顔に当たると痛い!

しかも床に落ちて踏みつけられて後の掃除も大変。毎年、色々試行錯誤しながらこれになりました。

勢いよく鬼たち登場!今年は、虎のパンツも着用です。

ただ山口西京道院では、「鬼は外」とは言いません。

「鬼は外」と言うと、鬼役の長田先生が外に出て行って指導できなくなっちゃうからです。

しかも長田先生は、「少林寺拳法の鬼」ですから。

その親鬼と子鬼の戦いです。

さて、ここで問題です。長田先生はどこでしょうか。

答えは、この鬼です!                          

手前の一番いかつい赤鬼です。                  

厄払い後は、頑張った子供達へお菓子のプレゼント。

そして最後は、ニッコリ記念撮影。

長田先生、鬼のまんまで誰だか分かりません。

明日から暦上は春。ただ寒さもまだまだ続きます。

インフルエンザや新型コロナウィルスも広がりを見せています。

体調管理に気を付けて練習に励み、強い身体になりましょう!

(文責 木村)

いいね!>> いいね! 12人