武専修了式

3月24日日曜日、武専の修了式が行われました。

今回、私 木村が無事に武専課程の全てを終え、修了証書を頂きました。

学校でいえば、卒業式といったところでしょうか。

来年度から武専のシステムが変わるので、現制度では最後の修了式です。

2008年に予科に入学し(当時三段でしたが、制度の移行期で予科からのスタートでした)、

11年かけて修了しました。(現制度では、ストレートに修了して11年かかりました)

気が付けば、30代で入学し50を超えました。

今回は、宇部恩田道院の鈴木道臣道院長も修了です。

修了証書を授与して下さるのは、派遣講師として来られていた、

福岡の行橋美夜古道院 道院長の廣津 智一先生です。

 

授与後、鈴木道臣道院長とツーショットです。

最後に講師の先生方や在校生たちと記念写真です。

武専に入り思ったことは、道院だけでやっていた時よりも少林寺拳法の幅が広がりました。

人脈も広がり、多くの拳士、先生との輪が広がり、技の奥行きも広がりました。

月1回とはいえ、仕事と家庭、地区行事をやりくりしながらの通学は大変な面もありましたが、

非常に意義あることだったと思います。

来年度の受け付けは終了してしまいましたが、今後ぜひ入学することをお勧めします。

興味ある拳士は、ぜひ私や長田先生に聞いてください。

お世話になった講師の先生方、拳士の皆さん、ありがとうございました!

いいね!>> いいね! 11人