6月6日山口県中学生少林寺拳法大会開催!

本当なら4月に行われる予定だった中学生大会がコロナ禍の影響で延期になり、

6月6日に周南市学び・交流プラザにて開催されました!

昨年は中止だった大会ですが、今年はきわどいところで開催できました。

感染予防対策を十分にしての大会で、運営の先生方に感謝です!

さて延期の影響で出場人数が減りましたが、山口西京道院からは4組が出場です。

朝、競技前に記念写真を撮りましたが、拳士たちの緊張が伝わってきます。

まず競技全体のトップバッターにもなった柳井優葵拳士。男子単独演武の部に出場です。

柳井拳士は昨年の12月に入門し、5級になったばかり。大会も初めてです。

むちゃくちゃ緊張してましたが、演武が始まったら稽古の成果がバッチリ!

柳井拳士以外はみんな有段者でしたが、互角以上の演武をしていました。

次は入賞狙える!

 

次は、女子単独演武の部に出場した糸野七海拳士。

日頃物静かな糸野拳士ですが、内に秘めたる闘志で演武を行います。

4月に初段にも合格し、黒帯として初演武。構えにも力がこもっています。

これから期待が持てるきれいな演武でした!

 

次は男子組演武の部。池田陸飛拳士と赤木瑠拳士。池田拳士は中学生最後の大会です。

入門する前、お姉ちゃんの稽古に連れられてきて、まだ5歳ぐらいだった池田拳士がもう中3かぁ~

あっという間に時は流れますね~

さて演武ですが、池田拳士に赤木拳士が食らいついていく稽古から、だんだん赤木拳士が挑みかかるような

演武となり、お互いのバランスが取れ迫力が増した演武となりました!

最後は、女子組演武の部に出場の平野真悠拳士と天野心温拳士です。

この二人も小さい頃から入門し、もう中学生?!と改めてビックリです。

小学生の時とは違う力強さが感じられる演武でした。

これから中学生としてメキメキ上達するでしょう!

結果発表!

池田拳士と赤木拳士が男子組演武の部 1位

平野拳士と天野拳士が女子組演武の部 2位

全国大会頑張って!!

惜しくも入賞を逃した拳士も次回入賞目指して、稽古に励みましょう!

朝の集合写真とは打って変わり、みんな和やかに記念写真。

みんな、お疲れ様でした!

                              (文責 木村)

いいね!>> いいね! 14人