上宇部道院 道院長のご紹介

道院長(指導者)について

各地の道院では、金剛禅総本山少林寺によって指導者として正式に認められた道院長が、責任を持って道院運営・門信徒育成を行っています。
 金剛禅宗門は教えを現代社会に生かすための道であるため、道院長は本職を別に定めたうえで、社会との関わりを持ちながら「自己と他人の成長、そして金剛禅を縁とした人間関係」を最大の喜びとして無償で指導に当たっています。

道院長紹介

道院長 藤井 郁英
中導師 大拳士 六段
こんにちは
 上宇部道院 道院長の藤井郁英です。

金剛禅は、主な行である少林寺拳法の修行を通して、自分の可能性を信じることができ、自信と勇気と行動力を身につけ、いざというとき頼りになる自分を作り、自分だけでなく、相手と向き合い、認め、高め合い、心豊な人間関係を築くことで、幸せな社会の実現を目指しています。

上宇部道院では、みんな仲良く、でも真剣に修行しています。出会えたみなさんとのご縁を大切に、拳士はもちろん、ご家族のみなさんとの交流も大切にしています。ここにくると、ほっと安心できて、みんなで笑顔になれて、明日もがんばる気持ちになる道院。つらいとき、迷ったとき、心の支えになり、道標となる道院になれるよう日々精進します。

金剛禅の「自他共楽」の精神で、人の喜びを我が喜びとし、幸せな世の中の実現のために、行動できる強さと優しさを兼ね備えた仲間になりませんか?

是非、気軽に見学や体験にお越しください。