Category Archives: 未分類

第8回山口県教区講習会 その1

2月16日(日)山口市維新百年記念公園、武道館におきまして

金剛禅総本山少林寺公認、第8回山口県教区講習会が開催されました。鈴木 義勝本山教師、長田 正紀講師、渡邊 晴夫講師補

古屋 譲講師補にご担当いただき、金剛禅の原点にせまる講義、

より深い技術修練で、学びと交流の一日となりました。

笑顔と気合と汗の講習会でした。

今回、この教区サイトをご覧になられた、福岡の2名の拳士の参加もありました。 ご縁に感謝です。

 




山口県教区新春法会[ONE TEAM]

1月18日(土)山口市、山口グランドホテルにおきまして、

山口県教区新春法会が執り行われました。宇部恩田道院、鈴木道臣道院長が、門信徒代表挨拶を、爽やかにおこない、さらなる団結を呼びかけました。

古屋 譲教区長の年頭挨拶では、宗 昂馬 新師家に続き、同じ方向を向いて、金剛禅運動(幸福運動)に邁進しよう、まずは道院のひとりひとりに親身になって向き合おう!と呼びかけました。

山口県教区ならではの団結力を感じ、本年もがんばっていこう、

という気持ちが高まりました。

 




(祝)師家承継式・認証式・勤続表彰式

令和2年新春、1月12日本山におきまして、師家承継式が、執り行われました。40年間我々を導いて下さいました、宗 由貴第二世師家より、宗 昂馬第三世師家へ、バトンは引き継がれました、

全国から集まった1500名の道院長とともに、祝い、今後の一致団結を誓い合いました。

前日11日は、認証式、勤続表彰式が行われました。

野村 晃治 山口厚狭道院長、鈴木 道臣宇部恩田道院長が認証を受けました。鈴木道院長は、道院長代表として誓願文を奉読されました。

長田 正紀山口西京道院長は、勤続50周年の表彰を受けられました。

三つのおめでたいご報告です。おめでとうございます。




山口西小教区忘年会

12月7日(土)、毎年恒例となった「山口西小教区忘年会」を開催しました。
佐々木真人 小教区長(宇部)をはじめ、鈴木義勝 中国教区総代(宇部常盤)が参加し、
皆で美味しいお料理とお酒を楽しみながら、とても賑やかな会となりました。

今年、山口西小教区では全国でもまだ事例の少ない金剛禅大会を開催するなど、
小教区の団結力が高まり、精力的に動くことができた一年だったように思います。
来年度もこの勢いをさらに加速させ、小教区一丸となって金剛禅運動に邁進していきます。
山口西小教区の活動にご理解・ご協力くださった皆さん、一年間ありがとうございました。合掌

         担当/金剛禅総本山少林寺山口西小教区 事務局長 鈴木道臣(宇部恩田)


 




山口県武道祭

12月1日(日)山口県維新百年記念公園におきまして、山口県武道振興協議会設立10周年記念、第10回 武道祭が開催されました。

県内9つの武道団体が、一堂に会し、武道の真髄を披露し、現代社会における、武道の価値を再確認する場です。団体は違えど、目指すものは共通している!と、あらためて感じました。

アテネオリンピック柔道金メダリストの園田(旧姓 阿武)教子先生の特別講演もありました。




令和元年度 山口西小教区 金剛禅大会




令和元年10月22日(祝)、宇部市武道館で「山口西小教区 金剛禅大会」を開催しました。
先に執り行われた「だるま祭」に引き続き、大会では保護者の方の参加も多数ありました。
大会の内容は「拳技錬成(易筋行交流)」「法座」「演武披露」の3部構成で行いました。
道院の垣根を超えて門信徒同士が交流し、金剛禅の教えを深める良き機会となりました。



               少年茶帯クラス 鈴木義勝 先生(宇部常盤道院)


                  一般クラス 石井仁人 先生(小野田道院)


                    少年有段クラス 古屋譲 先生(宇部小串道院)


                少年白黄帯クラス 藤井郁英 先生(上宇部道院)


                 少年緑帯クラス 野村晃治 先生(山口厚狭道院)


                     保護者クラス 鈴木道臣(宇部恩田道院)





第1部の「拳技錬成」では、武階別に分かれて他道院の門信徒同士が手を取り合いました。
保護者の方には体験クラスを設けたところ、予想以上に多数の参加があり嬉しかったです。
会場の至るところから楽しそうな声や表情を見ることができ、とても楽しい時間でした。
             



                            導師 佐々木真人 先生(宇部道院)











第2部の「法座」では、「自己確立と自他共楽」について、班別に分かれて意見を交わしました。
年齢や立場の違う仲間が車座になり意見を交わす光景はまさに金剛禅の教えを表していました。
門信徒一人ひとりの想いを共有することができ、改めて金剛禅の教えの素晴らしさを実感しました。






第3部の「演武披露」では、カテゴリー別に演武を披露し、日頃の易筋行の成果を発表しました。
この大会では「兄弟の部」や「師弟の部」といったカテゴリーを設けるなど趣向を凝らしました。
演武が終わるたびに会場から温かい拍手が起こり、演武者の爽やかな表情がとても印象的でした。

今回が初開催であった小教区主催の金剛禅大会でしたが、早くも次回を期待する声を聞けたり、
運営に携わった道院長はじめ道院幹部の反応からも、大きな手応えを感じる大会となりました。
これからも山口西小教区の門信徒が一丸となって、金剛禅運動を積極的に展開していきます。



             担当/金剛禅総本山少林寺山口西小教区 事務局長  鈴木道臣(宇部恩田道院)



令和元年度 山口西小教区 だるま祭




令和元年10月22(祝)、宇部市武道館で「山口西小教区だるま祭」を執り行いました。
開会に先立ち、台風第19号による被災でお亡くなりになった方へ黙祷を捧げました。
また、会場には義援金箱を設置し、参列者の皆様から温かいご支援をいただきました。



                 山口西小教区長 佐々木真人 先生(宇部道院)





                         中国教区総代 鈴木義勝 先生(宇部常盤道院)


                    山口県教区長 古屋譲 先生(宇部小串道院)


                               石井仁人 先生(小野田道院)



                          野村晃治 先生(山口厚狭道院)



                                  藤井郁英 先生(上宇部道院)







           

儀式には山口西小教区に所属する8つの道院から約100名もの門信徒が参集してくださり、 
導師は山口西小教区長 佐々木真人 先生、司会は僭越ながら私が務めさせていただきました。
導師による法話では達磨大師の話や金剛禅の教えを子供たちにもわかりやすく話され、 
山口西小教区の門信徒一同、“達磨の子”として、より一層の精進を誓い合うことができ、 
儀式に参列された保護者の方も金剛禅への理解をさらに深めていただけたように思います


        担当/金剛禅総本山少林寺 山口西小教区 事務局長   鈴木道臣(宇部恩田道院)

 




宇治市・宇部市スポーツ交流大会

令和元年9月28日〜29日 、宇治市・宇部市スポーツ交流大会が開催されました。
同大会は昭和63年京都国体でのサッカー競技の開催を契機として生まれた両市間の友好交流です。
27回目となる今大会は宇治市から多数の拳士が来宇され、宇部市の拳士たちと交流を深めました。
宇治市のある京都府とは宇部道院 佐々木真人 先生(龍谷大学OB)をはじめ、
宇部維新道院 水野和之 先生(立命館大学OB)がおられ昔からご縁があります。
今後も少林寺拳法を通しての友好が続くといいですね、両市の友好に万歳。合掌