「“輝かせ”道院」in 2024年道院長研修会

 

金剛禅総本山少林寺 宇部恩田道院の鈴木道臣です。

当道院のサイトをご覧くださりありがとうございます。合掌

 

5月11日(土)から2日間、香川県にある本山に帰山し、道院長研修会を受講しました。

僕にとっては2019年以来5年ぶりの道院長研修会、それまでに何度か帰山していますが、

金剛禅指導者が参集するこの研修会はとても刺激を受けることができる特別なものです。

 

山口県教区からは10名の道院長が受講、志高い指導者の皆様とご一緒できて光栄でした。

なんと山口県教区からは中国教区総代を3代輩出しており、この集合写真も錚々たる顔ぶれ。

写真を見返したら恐れ多くもど真ん中で写っている自分がおり、大変恐縮してしまいました(汗)

 

「“輝かせ”道院」というテーマを掲げ、初日は管長講話にはじまり、道院活動や広報に関する講義がありました。

実技(易筋行)は2コマあり、「連続複数法形修練」でとにかく体を動かしました。

2日目は開祖忌法要が挙行され、全国の道院長が参列し、開祖の遺徳を偲びました。

その後は実技があり、最後のコマは班別討議、3人1組の班で意見交換をしました。

僕と同班は東京と大阪の同年代の道院長、新しい仲間が増えて有意義な時間でした。

そして、この討議の際に発表があるのですが、なんと僕が一番目の発表者に指名され、

正直なところ討議の内容がまったく頭に入らず心ここにあらず状態となってしまいました(汗)

発表では3年後の目標と決意を伝えることができ、自分自身の気がさらに引き締まりました。

 

 

 

 

ちなみに研修会のお楽しみは夜の交流会、初日最後のコマはお酒と骨付鳥を堪能しました(笑)

香川県グルメと言えば真っ先に讃岐うどんが挙がりますが、骨付鳥も忘れてはいけません。

骨付鳥の有名店『一鶴』で先生方とご一緒させていただき、金剛禅談義に花が咲きました。

 

 

2日間の研修会でエネルギーは充電完了、モチベーションもさらに高まりました。

現在、中高生が中心ですが、今年から社会人の新入門者が増えるように動いていきます。

2017年に道院を開設して約7年、10周年を迎える3年後にはもっと活気ある道院を目指します。

 

 

宇部恩田道院は山口県下で最年少の道院長が指導するアットホームな道院です。

少林寺拳法は何歳からでも始めることができ、未経験者や女性の方でも安心して始められます。

 📌 武道・護身術に興味がある

 📌 運動不足を解消したい

 📌 ダイエットしたい

 📌 新しいことにチャレンジしたい

 📌 心を整えたい

あなたのそんな想いを当道院で叶えてみませんか?わたしたちと一緒に「自分づくり」を楽しみましょう。

※小学生以下は宇部恩田スポーツ少年団支部に所属するようになります。

少林寺拳法にご興味のある方、まずは見学•体験からお気軽にお問い合わせください。  

TEL/090-9463-8728  Mail/tbs_fitness@yahoo.co.jp

担当:鈴木道臣

 

いいね!>> いいね! 3人