【山口西小教区研修会】陽は西から昇る、今こそ力を合わせよう

 

金剛禅総本山少林寺山口県教区 広報委員の鈴木道臣です。

いつも当教区のサイトをご覧いただきありがとうございます。

 

今日は夕方より宇部市武道館において、7月度 山口西地区昇級考試が実施され、

23名の拳士が考試に臨み、見事に全員が合格することができました。

会場が蒸し暑い上に、さらにマスク着用で息苦しいという悪条件の中でしたが、

受験者は最後まで集中力を切らすことなく活気ある考試となりました。

 

 

そして、考試後は9月開催予定の山口西ブロック大会の実行委員会が開催されました。

コロナ禍での大会開催にあたり、競技種目の見直しや感染拡大防止対策について協議しました。

 

 

さらに、最後は山口西小教区研修会を開催し、今日はまさかのトリプルヘッダーでした。

研修会は法座(グループ討議)を実施、テーマは「コロナ禍に私たちができること」です。

各道院で拳士数減少の悩みや、中高生拳士の継続率を高める工夫など様々な意見が飛び交い、

たくさんの気づきと勇気をもらうことができ、とても有意義な時間となりました。

山口西小教区の先生方、今日は最後までご参加いただきありがとうございました。

 

 

 

現在、山口県には道院が18ヵ所あり、たくさんの仲間がいます。

「自分を変えたい」「我が子に強くなってほしい」

そんなあなたの思いを私たちと一緒に叶えてみませんか?

「あなたの思いは叶う。少林寺拳法で人は変わる。」

 

山口県教区の道院検索はこちらから

https://shorinji-yamaguchi.jp/wp/kyouku/search




いいね!>> いいね! 3人
読み込み中...