達磨祭 ’19/10/05 SAT

金剛禅総本山少林寺 宇部恩田道院の鈴木道臣です。
当道院のサイトをご覧くださり、ありがとうございます。合掌

今日の修練は「初段」昇格を目指す中高生拳士が揃ったので剛法科目の確認です。
年内の昇格を目標に技術修練に励んでいますが、学科の方がノータッチのようで心配です(汗)
気が付けばもう10月に入り、2019年は残り3カ月だぞ、そろそろペンを手にしよう。


そして、10月5日は達磨大師の命日ということで、その遺徳を偲び達磨祭を挙行しました。
正しい釈尊の教えを中国に伝えた達磨大師、僕たち金剛禅の門信徒はその遺志を受け継ぎます。
専有道場には昨年の全国大会の開催地・群馬県高崎市で手に入れた“だるま”が見守っています(笑)
宇部恩田道院の門信徒たちも達磨の子として、拳禅一如の修行にさらに精進してくれることでしょう。



いいね!>> いいね! 2人