R3.4.18 昇格考試&武専

4月18日(日)に小郡小学校にて、昇格考試が行われました。

宇部常盤からは小学5年生の拳士1名が受験いたしました。

練習態度がものすごく真面目でほとんど休まず参座している子です。

結果は・・・・・・

 

合格です!!おめでとう!!

これからは後輩たちをしっかりと引っ張っていってね!

 

そしてこの日は久しぶりの武専が開催されました☆

1時限目から体をたくさん動かすメニューでもう今日の武専は終わりじゃないの?というくらい汗をかきましたが、いろんな人と思いっきり練習できるのは本当に楽しいですね♪

午後からのクラス別の技術修練では、四段の拳士の指導をさせていただきました。

演武研究では、年の差ダブルスコアの二人ですが、年齢を感じさせない迫力ある演武に会場が沸いていました!

ちなみに常盤道院の拳士も演武を披露しました。

寺尾拳士は学生拳士と演武を披露しました。

青木先生は萩道院の権代道院長との演武です。さすが高段者の演武です。身長差があっても関係なく貫録のある演武に仕上がりました!ちなみに権代道院長は自分が中学生のとき(当時萩道院)に復帰された方で、当時はビシバシ鍛えてもらってました(笑)

 

去年開催できなかった武専が今年は開催され、久しぶりに皆が集って修練を楽しむことができました。

今年もコロナには注意しながら、皆で山口武専を盛り上げていきましょう!

いいね!>> いいね! 7人