2019年少林寺拳法全国大会inあいち

11月23日(土)、24日(日)に全国大会が愛知県豊田市で開催されました。

当道院からは青木助教、松村道場長、寺尾副道場長が出場しました。

結果は、、、地方魂を見せることができず残念、、、しかし多くのものを得ることができました!

1日目の夜は山口西京道院と山口大学の拳士の皆様と親睦を深めました。

上手な演武をして入賞を目指すことはもちろん大切なことですが、個人的に、全国大会は当日に至るまでの過程、仲間との交流、そして大会で得たものを持ち帰り、自己の修練と後輩指導に活かすことが大切だと思ってます。

また全国大会は、全国にいる昔ともに修練をした同志に再会できる場所でもあります。自分も学生時代を過ごした熊本の仲間と会うことができ、また向こうからも話しかけていただき、本当に懐かしく、そしてうれしく思いました。

大学の後輩(左)と同じコートでした!さらにうまくなってたなあ。

大学の同輩(中央)と後輩(右)。同輩は新婚でした!おめでと~!旦那が出場してるそうです。後輩にはもし熊本に行ったときは飲み会のセッティングをお願いねと言っておきました(笑)

寺尾副道場長(左)、山口西京道院の大嶋拳士(中央)と記念撮影して帰りました。

来年は大阪で開催されます。また出場できるようしっかりと易筋行の修練を重ね、今度は当道院のメンバーがたくさん出られるよう指導にもより熱を入れて取り組みたいと思います。

いいね!>> いいね! 8人