長田正紀道院長が山口大学名誉顧問の称号を授与されました!

2021年1月6日に山口大学少林寺拳法部監督でもある長田正紀道院長が、

部活動における長年の功績を称えられ、山口大学名誉顧問の称号を授与されました。

部活の名誉顧問や名誉監督というのは今までもある話でしたが、大学組織において名誉顧問の

称号を授与されるというのは、少林寺拳法界でも初めての事のようです。

確かに大学の部の監督を50年以上も続けられるというのは、すごい事です。

山口大学の岡 正朗学長より授与頂きました。

この模様は、山口大学のホームページでも掲載されています。

http://www.yamaguchi-u.ac.jp/topics/_8426/_8987.html

 

授与後に行われた、授与頂いた先生方と学校関係者との懇談会の様子ですが、岡学長がちょうど

学生の時に長田先生はすでに監督でいらっしゃったとのことで、その当時の話題で盛り上がったそうです。

最後に皆さんで記念写真です。

長田先生の後ろは、少林寺拳法部の北村主将です。

一年に渡って暗いニュースが多い毎日ですが、今年は年始から嬉しい、明るいニュースとなりました!

自ら盛り上げてくださった長田先生の勢いに乗って、今年みんなも勢いに乗って行きましょう!

                                   (文責 木村)

いいね!>> いいね! 23人