2018年少林寺拳法全国大会 in ぐんまに参加しました!

10月27日、28日、高崎アリーナにおいて、 2018年少林寺拳法全国大会 in ぐんまが開催されました。

山口西京道院からは、小学生の部に佐々木将太拳士と池田陸飛拳士が出場しました。    

 

 

そして一般の部では、団体の部に大田征和拳士、柴田浩二拳士、大嶋利津子拳士、三好隼人拳士、

大田朋子拳士、安藤彩香拳士、安藤創太拳士、天野真子拳士が出場。

一般女子三段以上の部に大嶋利津子拳士、安藤彩香拳士、

女子護身技法の部に柴田浩二拳士、天野真子拳士がそれぞれ出場しました。

本選出場はなりませんでしたが、若い拳士には大変勉強になったことと思います。

 

 

最後は、長田先生と山口大学の学生も加わり記念写真。

演武も終わり、リラックスムードです。

みなさん、お疲れさまでした。

さて、群馬県は歴史的には山口県と深いつながりのある県ですが、なかなか行く機会ないですよね~

しかも遠いです。ただ私的には、奥さんが群馬県出身なので縁が深いです。

でも、山口県に来てからはなかなか帰れません。

群馬県は、「かかあ天下とからっ風」で有名ですが、縁起達磨の少林山でも有名です。

この張り子の縁起だるまは、この寺から生まれました。

さすが、うちにはこんなにたくさんあります。

群馬に行かれたら少林寺拳法拳士は、ぜひ少林山に行かれることをお勧めします。

                                 (文責 木村)

いいね!>> いいね! 2人