注目の道院

防府東道院
防府市

秘伝少林寺拳法で強く優しい人になりませんか
防府東道院 -池田 繁勝-
道院長
池田 繁勝 先生
(大導師 正範士 八段)
趣味/特技 少林寺拳法技術の研究/警察犬訓練/電気主任技師
連絡先 090-8360-8006
jpyouko@aqua.plala.or.jp
HP 道院サイトはコチラ
基本情報 道院サイト

先生について

道院長になったきっかけ/エピソード

自衛官のため徳島県の松茂道院入門、転籍を経て、中拳士三段允可直後青森県八戸市転勤、仙台以北、北海道までの間少林寺拳法の支部・道院なし。

有志を集め自衛隊基地内で支部設立。
市内、県内は少林寺拳法敵対視する、複数の怪しげな拳法が横行していた。

自衛隊員以外の一般市民の仲間を増やすため、市内に道院を設立し活動を始めた。
県内にも道院ができ始め、県体協に加盟することで敵対勢力はほぼ一掃できた。

その後家庭の事情もあり、郷里山口県に転勤することにより、防府東道院設立に至った。

指導に心がけている事

拳禅一如・力愛不二のバランスのとれた拳士が育つように心がけています。
最近は大会が多く演武全盛の感じを受けます。

技術的には護身術になるように法形にこだわっています。
演武にこだわると、技と技の流ればかり身につき、護身術とかけ離れたものになる可能性を避けるためです。
色々ご意見はあるでしょうが、私の信念です。


どこを切り取っても同じ金太郎飴ではなく、詩人金子みすゞの詩「みんなちがっていい」の方針です。

基本は、開祖の残された思想とその拳技を正しく伝える事と考えています。

どんな道院を目指している?

拳法の技術を教えながら道を説く、ごく普通の考えです。

入門式表白文から引用すると、

「文で知ることを得ず、言で説きえず、祖師老師の授受に因らずして知ることを得ざる道なり。更に、初学にては解し難く得がたく、その効もまた至り難し。然れども易筋の行は行い易く入手するによりどころ有り。初学も解し易くその効も至り易し」

の方針で一人でも多く拳士を育成し、少しでも良い人間、地域社会、日本を少しでも平和で明るい国になるように努力する教育の場であり、自身も生涯修行する場所と考えています。

道院について

道院の特徴/雰囲気

設立当時は自治会の建屋は古く現在より狭かったのですが、拳士の数も多く個々の指導が困難でした。

途中建屋を建て替える事になり、市の武道場に個々に参集し稽古をつみ、立て替え完了後、広く綺麗な建屋が完成し戻りました。

その間指導が行き渡らず多くの拳士を失ったのは残念でした。

今は空調もあり拳士数が減った分、懇切丁寧に指導し絶対に強く逞しくて思いやりのある人間を育てる意気込みで指導してます。

道院長自身生涯現役のつもりで研鑽しています。

一口に言えば「手塩に掛けて育てる。共に進歩する。」です。

所属拳士からの一言

私は、入門して六ヶ月で四級合格したばかりの高2の女子です。

入門した頃は解らないことばかりでした。

道院長や先輩がたの優しい、厳しい指導のお陰で今では自信を持って練習することができています。

基本的にはマンツーマンで細かいところまで丁寧に教えてくれます。

また、技だけでなく少林寺拳法が始まってからの経緯など、自分たちが習っている武道がどのようなものか知ることが出来ます。

防府東道院は拳士は少ないのですが、小学・中学・高校・一般はほぼ同じ数なので、元気いっぱい、年齢が違う事により面白かったりして、頑張っている道院です。